ホーム

越後焼 妙高赤倉窯

唐津焼の重鎮 田中佐次郎先生から頂戴した「本物の仕事をしなさい」のお言葉。
流通の発達した今日ですが、粘土を取り寄せるのではなく、身近にある材料を用い、
薪の窯で焼き上げる事が、焼き物の本来の姿かと思います。
先生が新潟に初めてご指導にいらして下さった時に、近隣の山々を巡り、
粘土や釉薬材料の見付け方をご指導頂きました。
以来、身近にある「越後の材料」を使い、薪で焚く「穴窯」と「登り窯」にて制作しております。
2018年の展覧会のご案内
5月10日(木)~5月15日(火) 上越市 アートサロン遊心堂様
6月6日(水)~6月11日(月) 新潟市 新潟三越様
7月12日(木)~7月18日(水) 長野市 ながの東急様
9月5日(水)~9月11日(火) 富山市 大和富山店様
10月25日(木)~10月30日(火) 新宿区 京王新宿店様
の予定となっております。
新たな作風にも挑戦中ですのでご批評頂ける日を楽しみに精進して参ります。

仙界の霊峰として信仰も篤く、風光明媚な妙高山の麓、赤倉。
この地で、焼き物作りを生涯の天職としたいと思います。



▶ホーム
越後焼とは


お知らせ
妙高の自然
アクセス
これまでの歩み
陶歴
©2017越後焼 妙高赤倉窯